イタチ駆除に伴う様々な工夫|信頼感を得るための取り組み

2人の男性作業員

様々な退治法を活用しよう

和室

本やアニメでイタチを扱った作品が多数あります。いたずらをするイタチや、面白いイタチなど様々な姿で表現されています。多くの人はイタチについて良い印象を抱いているはずです。しかし、イタチは、そのかわいい見た目とは裏腹に、ネズミやウサギなどを食べる一面もあるので、可愛いだけの動物とは言えません。時折、農家などに侵入してはニワトリを襲ったりして数多くの被害を出しています。性格も凶暴で、迂闊に近づくと怪我をする可能性があります。また、細長い胴体を活かして三センチほどの小さな隙間をくぐり抜け、家の中に入ってくる場合もあるのです。家の中にイタチが入ってくると食べ物を荒らされたり、ペットに害を加えたりするので、すぐにイタチ駆除を行ないましょう。イタチ駆除の方法は、罠を仕掛けて捕獲する、強い光を当てるなどたくさんあります。イタチ駆除で個人的に罠を仕掛ける場合、自治体に狩猟期間を確認しておきましょう。また、捕獲したイタチはむやみに傷つけず、川などに逃がしてあげるべきです。
強い光を使ってイタチ駆除を行う場合は、天井裏などを狙うと良いはずです。イタチ駆除専用の装置はもちろん、イルミネーション用の光でも代用できるので、積極的に利用しましょう。イタチ駆除を行った後は、二度と家に侵入できないように工夫をします。イタチの嫌いな酢の臭いがするものや、害獣用の忌避剤を設置して、未然に侵入を防ぐのです。もし、侵入口が分かるのなら、金網を設置してみても良いはずです。